鷺森神社 縁結び・恋愛成就のパワースポット

以下は11月16日(木)に訪れたものです

最後の、紅葉の部分は、11月25日(土)に訪れた時の様子です。なので、前半部分は、紅葉「色づき始め」、最後の部分は紅葉「見頃」です。参考にされてください。

修学院界隈

11月の中旬から下旬にかけて、京都の山々はきれいに紅葉します。

「鷺森神社(さぎのもりじんじゃ)」はあまり人に知られず、マイナーなスポットなので観光案内にはなかなか載ってません。ここも、桜の季節、紅葉の季節は外せないところなんですよ。赤山禅院で、紅葉を楽しんだ後に訪れました。

赤山禅院から、南に向かって歩くと「修学院離宮」で、その前をまだまだ南に歩きます。

京都市バスなどで、白河通りから来られる方は、北山通との三叉路から一本北にある、信号のない細い道を、東の山手方向に歩いてください。

鷺森神社 No2

紅葉で有名なところへ行かずとも、周りの山々がきれいな色になってますので、目の保養になりますね。

鷺森神社 No3

「音羽川」です。治水されているのですが、なんかいい景色になってますね。山側に上がっていくと比叡山の登り口で昔から有名な「きらら坂の登り口」です。後で出てくる、「御幸橋」はかつて、この川を渡って修学院離宮に入るための橋でした。

鷺森神社 No4

「修学院離宮」の紅葉です。「修学院離宮」は宮内庁に申し込まないと中には入れないので、外から、ちらっと。

鷺森神社 No5

良い色ですね。

鷺森神社 No6

さすがにきれいに手入れがなされています。

鷺森神社 参詣道

遠回りですが少し西に歩いて、参詣道の一番西側から本殿に向かいます。

鷺森神社 No7

参詣道の入り口です。紅葉の「見頃」にはまだ少し早いようですね。

鷺森神社 No8

難しい字ですが、神額には「鬚咫天王(しゅだ/すだ てんのう)」と書かれています。

鷺森神社 No9

参詣道の両側にはもみじがありますので、「見頃」になるととてもきれいなところなんですよ。

鷺森神社 No10

一部紅葉してます。

鷺森神社 No11

こんな「赤」に染まります。

鷺森神社 No12

イチョウもあるので、「赤」「黄」「緑」と色とりどりそろっています。

鷺森神社 境内

「鷺森神社」は、かつて「修学院村天王社」、「修学寺の天王」とも呼ばれていました。比叡山山麓にあった七里(ななさと)のひとつである、修学院村の産土神でした。

さて、境内まで来ました。

鷺森神社 No13

境内手前に、霊元天皇の句碑があります。霊元天皇は度々鷺森神社を訪れ、「をりゐるを みしさぎのもり すきかてに わけきてけふは むかふ神垣」と詠みました。

鷺森神社 No14

この記念碑は文学博士「吉沢義則」が執筆揮毫(きごう)したものだそうです。

鷺森神社 No15

境内です。元々は、貞観年間に現在の赤山禅院の近くに創建されたのですが、応仁の乱で焼失し、修学院離宮のある山中に再建されました。ところが、元禄年間に後水尾上皇による修学院離宮造営のため、現在の場所に遷移しています。

鷺森神社 No16

手水舎で清めましょう。

鷺森神社 No17

きれいな水ですがすがしいです。

鷺森神社 No18

拝殿です。かつては、毎年3月5日に七里祭(ななざとまつり、さんやれ祭)が行われ、七里の神輿が鷺森神社に集まっていました。現在は5月4日に宵宮祭、5日に神幸祭が行われています。この5日の神幸祭が「さんよれ祭」と呼ばれ、小学三年生の男の子が頭に菅笠を被り、着物を着て紅たすきをかけ、手に扇子を持った姿で、鐘や太鼓の囃にあわせて「さんよれ、さんよれ」の掛け声を上げ、神輿の前を一緒に練り歩くお祭りだそうです。「さんよれ祭」の時には拝殿で舞楽の奉納が行われるます。

鷺森神社 No19

階段を上がります。

鷺森神社 No20

立派な造りです。

鷺森神社 No21

「鷺」の絵が良いですね。「鶴」じゃないですよ。「鷺森」の由縁ですが、赤山禅院の近くに社があったころ、古来から神使とされる鷺が、鎮守の森に群集していたことに因むのだそうです。縁起がいいですね。

鷺森神社 No22

「御神体」が見えます。御祭神は「素盞鳴尊(すさのおのみこと)」です。昔は牛頭天王(ごずてんのう)、また、鬚咫天王(しゅだ/すだ てんのう)を祀ったのですが、鬚咫天王と同一視された素盞鳴尊(すさのおのみこと)を御祭神としています。

鷺森神社 No23

末社も遮光を浴びて、きれいです。

鷺森神社 No24

ご由緒書きですが、ちょっと見づらいですね。すみません。

鷺森神社 No25

絵馬は当然、神使いの「鷺」ですね。

縁結び・恋愛成就のパワースポット スサノオノミコトのお墨付き!

さて、お待たせしました。ここが目的の方もたくさんいらっしゃると思います。

鷺森神社 No31

縁結びの石、「八重垣(やえがき)」です。

鷺森神社 No32

この縁結びの石として祀られている「八重垣」は、鷺の森神社の御祭神である「素盞嗚尊(すさのおのみこと)」が詠んだと言われる和歌

八雲立つ 出雲八重垣 妻籠みに 八重垣作る その八重垣を

にちなんでいます。

この和歌は神話の中に出てきます。

「素盞嗚尊」は、高天原(たかまがはら)より出雲国・肥の川上流に降り立たれました。するとそこで、嘆き悲しんでいる老夫婦の神、脚摩乳(あしなづち)と手摩乳(てなづち)に出合います。かつて、神には8人の娘がいました。毎年、八岐大蛇(やまたのおろち)は娘たちを次々に襲い食べたのだそうです。最後に末娘・稲田姫命(いなたひめのみこと)一人が残されました。やがて、稲田姫命も同じ運命になるのです。
素盞鳴尊は、稲田姫命と婚姻することを約束し八岐大蛇退治を行います。二人が結ばれ、住居を構えた須賀で素盞鳴尊が詠んだという歌が上の和歌です。

この出雲の須賀の地に、新婚の宮を作ろうとすると、雲が幾重にも立ち昇り、あたかも八重垣を作るように見える。私たち夫婦の住む八重垣である。その八重垣のみごとさよ。

と歌っています。

この縁結びの石、「八重垣」に触れて祈ると悪縁を絶ち、思う人との良縁が得られ、夫婦和合・円満や家内安全が授かると言われています。

八重垣の上に社務所で求めた黒石を置いて、黒石の上より手を当て、「八重垣」に触れて心中で祈願します。その黒石をお守りに入れて持ち帰ります。

御祭神である「素盞鳴尊」のお墨付きですよ。とてつもないパワーが期待されます。なんせ「八岐大蛇」を退治した神様ですから。良縁を祈願されて、幸せを手に入れてくださいね。

御幸橋

境内を流れる宮川に架かる「御幸橋」です。

鷺森神社 No34

修学院離宮の正面入り口、音羽川に架けられていた橋を昭和42年(1967年)に移築したものです。

鷺森神社 No35

この橋は、後水尾天皇、霊元法皇も行幸の際にも渡られた由緒ある橋です。この橋を渡って、南の方にいけば、「曼殊院道」にでます。

帰路は紅葉を楽しんで

鷺森神社 No26

境内も紅葉し始めています。西向きの参詣道なので、午後の方が写真を撮るにはいいですね。

鷺森神社 No27

帰り道、午後の斜光でとてもきれいです。

鷺森神社 No28

葉っぱがキラキラと輝いてます。

鷺森神社 No29

もうすぐ深紅になりますね。

追記 2017年11月25日(土)

「曼殊院門跡」を拝観した後に、「鷺森神社」の紅葉を見に訪れました。

鷺森神社 No36

とってもきれいになってます。再訪した甲斐があります。

鷺森神社 No37

良い色になってますが、そろそろ盛りを過ぎた木もあります。

鷺森神社 No38

今が一番の「見頃」ですね。

鷺森神社 No39

境内にももみじがあって、とてもきれいです。

鷺森神社 No40

「曼殊院」はだいぶんと散ってきてましたが、そこからは坂を下ってきて、街に近い分まだ紅葉が残ってました。

「鷺森神社」は紅葉スポットとしては、本当に地元の人にしか知られていないようなところですが、その分、訪れる人も少なくてゆったりと紅葉を楽しめます。そして、「縁結び・恋愛成就」のパワースポットとくれば、これはもうお詣りしないといけないですね。紅葉に限らず、春の桜もとってもきれいなところですよ。

アクセス

  • 京都市バス「修学院道」下車、徒歩8分
  • 叡山電鉄「修学院」下車、徒歩10分

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする