番外編 和歌山 にぎわい市場と橋杭岩

やっぱりマグロ

「熊野三山」にお詣りして「熊野古道」も歩いてと、旅行の目的を達成できたので、大満足なんですけど、まだまだやりたいことがあるんです。

「山」ときたら今度は「海」。

「海」ときたら「魚」でしょう。この辺りの漁港で有名なのは「勝浦漁港」ですね。

で、「勝浦漁港」ときたら、そらもうこれしかありませんよ。

マグロ!

勝浦漁港は生マグロ水揚げ日本一の漁港です。ということで、「勝浦漁港」の「にぎわい市場」に行きましょう。

「にぎわい市場」は勝浦漁港なんですけど、R42号線からすぐです。

番外編_和歌山_橋杭岩 No2

やってきました「勝浦漁港」。

番外編_和歌山_橋杭岩 No3

ここですよ。「にぎわい市場」。

番外編_和歌山_橋杭岩 No4

岸壁の真横です。できてから間もないのか建物はすごくきれいです。

番外編_和歌山_橋杭岩 No7

建物の奥の方にマグロのお店があります。

番外編_和歌山_橋杭岩 No5

ほんでもって、今回のお目当てはこれ!「すぐにお刺身にできます。」

番外編_和歌山_橋杭岩 No6

つーことで、厚かましくも「どれがよさそう?」と尋ねてお店の人に選んでもらい、お刺身にしていただきました。一目見るだけで脂の乗りがよさそうなのが分かります。

番外編_和歌山_橋杭岩 No8

ほんでもって、昼食時間には少し早いのですが、「鮪丼」をいただくことにしました。

番外編_和歌山_橋杭岩 No9

やってきました「鮪丼」。

番外編_和歌山_橋杭岩 No10

新鮮な鮪がこれだけ乗っていて、\1,500-です。とってもおいしかったです。

番外編_和歌山_橋杭岩 No11

そして、これ。私が今までの人生で食べてきたお刺身の中で、一番の脂ののりと身の柔らかさでした。海沿いは美味しいものがあっていいですね。

さて、「にぎわい市場」の周りを見てみましょうか。

番外編_和歌山_橋杭岩 No12

最初に発見したのがこれ。

番外編_和歌山_橋杭岩 No13

「ビン玉ツリーモニュメント」です。「はえ縄漁」の浮きとして使われてきました。現在はガラス製ではなくプラスチック製のものが使われているそうです。夜間ライトアップされるのですが、曜日によって色が変わるそうです。

番外編_和歌山_橋杭岩 No14

その横にあるのが「足湯」です。ここでゆっくりと休憩できますね。

橋杭(はしぐい)岩

「にぎわい市場」で満腹になった後、車を走らせてR42号線を西に向かいます。暫くは海を見ながら海岸線を気持ちよく走ります。クジラ漁で有名な「古座」の町などを過ぎてどんどん走ります。

そうこうしているうちに「橋杭岩」という看板がありましたので寄ってみました。

番外編_和歌山_橋杭岩 No15

約850mに渡って岩が並んでいます。

番外編_和歌山_橋杭岩 No16

軟らかい地層のところに火山活動でマグマが侵入し、後世地上に出てきたところ、やわらかい地層が早く浸食されて、硬い岩の層が一直線に残ったそうです。

番外編_和歌山_橋杭岩 No17

干潮時には「橋杭岩」の先の方にある小島に歩いて渡れるそうです。

番外編_和歌山_橋杭岩 No18

ここも「和歌山県朝日夕日百選」に選定されているようですね。

番外編_和歌山_橋杭岩 No19

海岸に降りてきましたよ。

番外編_和歌山_橋杭岩 No20

割合と潮は引いているようです。

番外編_和歌山_橋杭岩 No21

歩いて向こうの小島まで行けないこともないようですけどねぇ。

番外編_和歌山_橋杭岩 No24

誰もわたっている人はいないし、これから水位が上がるのか下がるのかわからないので、ここまでにしておきましょう。

番外編_和歌山_橋杭岩 No23

右ての奥の方に大きな橋が見えますね。あの橋の右側が串本町の「潮岬」です。

番外編_和歌山_橋杭岩 No25

「橋杭岩」の案内板。そういえばブラタモリでやってたような記憶があります。

さぁ、後は本州最南端「潮岬」に行きましょう。最南端であって、燈台なんかもあるんですけど、もう一つ目的があります。では「潮岬」へ。

【番外編 和歌山 潮岬】に続く。

本州最南端 今回の番外編の最終回です。和歌山は串本町の潮岬です。 やっぱり、一番先っぽとか、一番高いところへは行かないと気が済まない...

アクセス

  • 勝浦魚港 にぎわい市場

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする