三条通り白川橋道標 やっと行きました

Revisit(再訪)

前回訪れた時には、「白川子ども夏まつり」の最中で、垂れ幕や幟が括り付けられてあり、南側の面の写真が撮れませんでした。

https://www.kyoto-inf.com/guide-kyoto/2017/07/25/posted-dohyo/

この三条通り白川橋道標は、京都における現存最古の道標ということで、なんかこだわってしまって、再訪することにしました。

写真やTVでよく使われる、白川一本橋(行者橋)の近所です。

https://www.kyoto-inf.com/guide-kyoto/2017/07/28/posted-iponbashi/

 夕暮れ時の白川

秋も近づき、朝夕が涼しく感じられるようになってきました。

白川沿いも涼しい風が吹き、さわやかです。

三条通り白川道標 No2

夕暮れ時になり、灯りがついています。

三条通り白川道標 No3

三条通り白川橋です。橋の向こう岸に道標が見えます。

三条通り白川道標 No4

この橋も古く、歴史を感じさせます。

三条通り白川道標 No5

京都市の史跡に指定されています。

三条通り白川道標 No6

北側の面には

三条通白川橋

と彫られています。

三条通り白川道標 No7

東の面には

(是より)ひだり
ちおんゐんぎおんきよ水みち

と彫られています。

三条通り白川道標 No8

前回は見られなかった南側の面がやっと見られましたよ。ああ、我ながらすっきり。

京都為無案内旅人立之
延宝六戊午三月吉日
施主 為二世安楽

と彫られています。

京都に不(無)案内な旅人のために建(立)てたということです。

東海道から京都の方へ来ると、三条大橋が京都の入り口です。その手前約800mのところにこの三条通白川橋があるのですが、この道標で左の方向へ行くと、知恩院、祇園、清水寺に近道だということを教えてくれている道標です。

毎日通っていると、風景の中に溶け込んでしまって、そこにあるのがあたり前で、気にも留めない道標ですが、長いあいだ街の移り変わりをじっと眺めてたたずんでます。

京都市内には、いたるところに石碑や道標があるで、観光の時には気を付けてあちこち見てください。

アクセス

  • 京都市バス「東山三条」下車、徒歩3分
  • 京都市バス「神宮道」下車、徒歩3分
  • 京都市営地下鉄「東山」下車、徒歩1分

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする