京都ホタル速報2108_01 哲学の道

5月22日(火) 夜

え~、また速報やるの? といわれそうですが、ホタルを見に行ったら報告していきます。

なんせここしばらくは仕事が忙しそうなので、おいそれとはホタルを見に行けません。まずは職場から一番近い「哲学の道」に行ってきました。

今日職場で「哲学の道、もうホタル出てるよ~。」という話を聞いたので、行かないわけにはいきません。仕事も早めに切り上げて、7時50分ごろには銀閣寺道から「哲学の道」に入りました。今日はコンデジのみで、他に何も持っていないので、手振れが心配ですがとりあえずチャレンジしてみます。

そのホタルなんですけど、白河通りから銀閣寺橋までの、今出川沿いのところにもちらほらとは見られるのですが、なんせ車が多く通るので風流もくそもあったものじゃありません。

銀閣寺橋を目指します。

哲学の道 ホタル_2018 No2

夜の銀閣寺橋です。昼間と全然ムードが違うでしょ。最近は街路灯もLEDに変わったので、けっこう明るくなったのですが、以前は薄暗くて何か出ても不思議ではないような雰囲気だったんですよ。

哲学の道 ホタル_2018 No3

銀閣寺橋から南に歩いていくと、いきなり目の前に2匹が飛びましたよ。慌ててシャッターを切ったのですがちょっとピンボケ。

哲学の道 ホタル_2018 No4

よく見ると、疎水沿いだけではなく植え込みのつつじのところなんかにも飛んでます。

哲学の道 ホタル_2018 No5

葉っぱにとまって休憩中なのでしょうけど、その間も黄緑色のきれいな光を放ち続けています。

哲学の道 ホタル_2018 No6

おお、いいいろだなぁ~、風流だな~、と見とれていたのですが…

哲学の道 ホタル_2018 No7

いきなりこっち目がけて飛んできました。反射的にシャッターを切りました。で、服にとまってピカピカと輝いてくれて、「ほれ、写真撮りなはれ。」と頑張ってくれてるのですが、いかんせん胸元なので距離が近すぎてピントが合いません。

ちょっと残念でしたが、至近距離できれいな輝きを堪能できましたよ。

哲学の道 ホタル_2018 No8

葉っぱで休憩中。点滅の周期に合わせてシャッターを切ろうとするのですが、周期は一定ではないので、一番輝いているときというのがなかなか難しいです。

哲学の道 ホタル_2018 No9

今度来るときには、マクロ撮影できるコンデジ持ってきます。

哲学の道 ホタル_2018 No10

哲学の道は市街地のはずれなので、ホタルも乱舞というほどは出ませんが、ちらほら見えるホタルをゆっくり見るのは風情があっていいですよ。でも、飛んでるホタルを写真に収めるのは難しいですね。

哲学の道 ホタル_2018 No11

結局、一番多く見ることができたのは「弥勒院」の横の「地蔵菩薩堂」のところの橋の近辺です。上の画像は橋の北側に向かって撮ってますが、正面に移っている木のあたりによく舞っていました。

哲学の道 ホタル_2018 No12

そこから南側50m程度も、上の画像のように暗いのでちらほらと舞ってます。今のところそれ以上南に行ってもほぼ見られないようなので、「地蔵菩薩堂」を目印に来られるといいでしょう。

近辺は住宅街なので、お静かにお願いいたします。また、近づきすぎて疎水に落っこちないよう十分気を付けて写真を撮ってくださいね。それと雨の日はほぼ出てこないようなので、晴れまたは曇りで、湿度が高めの日がよいそうです。

アクセス

  • 京都市バス「銀閣寺道」下車、徒歩10分

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする