マダニ やられてしまった

痛恨の極み

今までは他人事だと思っていたのですが、やっぱりそうではなかった今回の出来事、とっても反省しています。

神社や仏閣を訪ねるのも大好きですが、山の緑も大好きなので、山歩きに行くことがあります。でもしんどいのは大嫌いなので、日帰りで楽に登れる山が多いです。

6月16日(土)に山登りをしました。山を登ると言っても、一番高いところで400m少しの山なので標高差が300m、どちらかといえば低山ハイキングです。

時系列で振り返ります。

6月16日(土)

朝から快晴で、山登りをしました。山に入ったのが11時前でした。山といっても時々人が通るので山の中に道が出きているような山です。

ところが、地図を見ていたのですが、道を誤っていく先が途絶えました。コンパスなどで確認すると行く方向は間違っていないので、藪漕ぎしながら進みます。20分ほどで藪を抜け道に出たので、道伝いに進みました。

多分、この藪に中でマダニが衣服の中に入ったと思われます。けがをするといけないと思い長袖、長ズボンで登っていましたが、役に立たなかったようです。

その後は藪に入ることはなく、人が良く通っているような山道ばかり歩いて、4時過ぎに下山して帰宅しました。

当日は特に痛みもなく、帰宅して風呂に入りぐっすりと寝ました。特に体には何の異変も感じませんでした。

6月17日(日)

実はこの日も山に入ってます。しかし人が通った跡が残る山道で、藪などからは結構離れた道ばかりでしたので、この日はマダニに寄生されたとは考えにくいです。

帰ってきて風呂に入ろうとすると、おへその右辺りに赤黒い「かさぶた」のようなものがあります。触ると痛いのですが、出血もしていないので血豆か何かではないのかと思いました。直径が2~3㎜ぐらいのとても小さなものでした。ちょうどベルトが当たる部分でしたので、ベルトとおなかの間に何かが挟まってこすれて血豆になったのではないかと思い、出血していないことをいいことにそのままにしていました。破ってしまって感染症になるといけないという思いもありました。

6月18日(月)

相変わらず血豆は触ると痛いのですが、すぐには血液も固まらないだろうし仕方がないと放置しています。血豆は、はがれかけているのか、ぺらぺらした薄い円盤状のものになっています。

6月19日(火)

血豆は少し大きくなり、直径は2~3㎜程度ですが、高さが3~4㎜程度の円柱に近い形になりました。水イボでもできたのかと思って、こすれると痛いのでバンドエイドを上から貼っていました。週末に皮膚科で切除してもらえばいいかと思っていました。色はやはり赤黒い感じです。私の体に近い部分は薄いピンク色でしたので、皮膚の延長にしか見えません。

6月21日(木)

お風呂上りにバンドエイドをはがしたのですが、特に変化はなく、水イボは相変わらず触れば痛い状態でした。この時にはバンドエイドを張るのを忘れてしまっています。

6月22日(金)

仕事帰りに、シャツが出かかっているのでベルトを緩めてシャツを直そうとしたところ、水イボは直径1㎝ぐらいに巨大化しています。体の中から何かが出かかっているのか。えっ、となって一瞬動きが止まって、目を疑いました。どどどどど、どうなってんの?

思考停止して、見つめ続けていると、こともあろうか水イボが ポロっ と取れて床に落ちるではありませんか。

ぎえ~~~!

一瞬、映画のエイリアンを思い出して、キモがつぶれる思いでした。お腹の方を見ると、皮膚は赤くなっていますが、特に出血もしておらず、腹の中から何かが飛び出したわけではないとわかって一安心。

床に落ちた物体を見ると、なにやら動いてます。ピンクと茶色の混ざったような色のその物体は、床の上をもぞもぞと這っているではありませんか。

ここでやっと、思考が回復してピンときました。ダニに血を吸われてた!

手で触るのはご勘弁なので、紙ですくってビニール袋に入れて、皮膚科に一目散。刺されたお腹は消毒液で消毒してバンドエイドでカバーしました。

皮膚科医に見せると「マダニですね。」ということで、抗生物質のお薬を7日分いただいて帰ることになりました。

マダニが自分から離れたので、皮膚切開したりすることは不要だとのこと。消毒しておけば大丈夫だそうです。

ウイルス感染は発症しないとわからないし、確率の問題。もし発熱や下痢嘔吐が続けば、大きな病院の内科を受診するようにと指示を受けました。潜伏期間は6日~14日ぐらいだそうなので、来週の日曜日ごろまでは体調の変化に要注意です。

その時思ったのは、最初の段階から写真を撮っておけばよかったなぁ、というなんとも阿呆な思いでした。もしSFTSなんかに感染していたら10数パーセントの致死率らしいので、のんきなことを言ってる場合ではないのですけどね。

マダニ No2

6月24日(日)に撮影したおなかの傷跡です。

マダニ No3

拡大するとこんなんです。バンドエイドの跡が残っていてすみません。刺し傷が残っていますね。2日経ちましたが、傷口は触らないと痛いこともないし、かゆみもありません。

ここで終わればめでたしめでたしなのですが...

6月24日(日) 朝

今日6月24日(日)はいつも通り4時過ぎに目が覚めました。習慣とは恐ろしいもので、毎日4時過ぎに起きていると休みの日にも同じ時間に目が覚めます。

家人が起きるといけないので、布団を片付けた後は自分の部屋でWebを見たり、雑誌を見たりしてゆっくりと朝の時間を楽しんでいました。

6時過ぎにトイレに行こうと思って立ち上がったところ、床の上に、またまた発見!もそもそと動いてます。

ぎえ~~~~~!

何回見ても声が出てしまいます。

勘弁してくださいと思いながら、透明なちょっとやそっとでは開けられないプラスチックケースに捕獲。今回も丸々と太って直径は1㎝以上ありそうです。

ほんとに心臓に悪いですよ。

でも、どこを刺されたのか皆目わかりません。朝からもう一度シャワーにかかり、全身くまなく洗って、目視と触診します。風呂上がりに見つけたのが左の上腕背部。力こぶのできる部分の反対側です。目では見えないところです。

今まで、マダニに刺されているなんて言う感覚は全然ありませんでした。

マダニ No4

腕の後ろなので写真が撮りにくいですが、何とか撮影。

マダニ No5

よく見ると、2か所ありますね。同じマダニがさしたのか、今回捕獲したのとは別の個体がいたのか?

部屋中念入りに掃除機をかけて、布団や毛布などを細かく調べましたが、発見できず。もしかしたら、どっか他のところで自ら離れたのか? 同じ個体が刺しなおしたのか?

それと、この一週間、マダニがくっついていたのか。最初は布団に移ったのが、またもう一度刺したのか、考え出すと疑心暗鬼で不安になります。

もしかして、まだいたりして。

まとめ

本文には出て来ていないことが多いですが、今回のマダニの件でいろいろと調べた「まとめ」です。参考にしてください。

・春から秋にかけて、山(特に藪や草むら)に行くとマダニに寄生される恐れがある。南の方が頻度が高いが、日本全国にマダニは生息している。

・長袖を着て、長ズボンを履いているだけではマダニは防げない。ズボンのすそは靴下の中に入れる。首筋にはタオルを巻く。二酸化炭素を感じると頭の上から降ってくることもある。虫よけスプレー(ディートやイカリジンの含まれるもの)も効果がある。

・帰宅時は家に入る前に服やズボンをよく払ってから入る。かばんやリュックサックなども要注意。

・刺されてすぐならTick Twisterなどの器具で除去可能であるが、必ず皮膚科受診する。時間がたっている場合は無理に除去しないで皮膚科に行く。無理に抜くと一部が皮膚の中に残ったりしてしまうので危険。

・帰宅後は衣服などを洗濯し放置しない。

・自身も風呂に入り、念入りに洗体、洗髪する。風呂上りには必ず目視や触診して確認する。背中などの自分の目で見えないところはパートナーなどに確認してもらう。

・刺されていても(ダニが突き刺さっていても)気づかないことがある。

・種類にもよるがマダニは1週間から10日かけて吸血するものもいる。

・すべてのマダニがウィルスを持っているのではないが、ウイルス感染症の恐れがあるので、刺された場合は必ず医師の診断を受けて、抗生物質の薬をもらう。そして用法通り最後まで飲み切る。途中でやめると耐性菌が生まれてしまう場合もあるので、処方された薬は用法に従って最後まで飲む。

・感染症となるウィルス性の病気は潜伏期間が6~14日ほどあるので注意が必要。2週間後に症状が出だすということもある。発熱、下痢、嘔吐、悪寒、倦怠感、出血、下血、発疹等が続くようならば大きな病院の内科を受診する。この時必ず「マダニ」に刺されたと伝える。

最期に グロ注意

6月22日(日)に捕獲したマダニです。

下の画像をクリックすると、別窓で見ることができます。気の小さい人はやめておいてください。当方責任は持てません。吐きそうになります。

普通マダニは体調2~3㎜程度のクモのような形をしたものが多いのですが、吸血するとブクブクに太って直径1㎝を大きく超えます。ほんとにグロテスクです。

もしかしたら、私も今SFTSに感染しているかもしれませんし、他のウィルス性の病気に感染していて、この先命を落とすかもしれません。

その時にはこいつが犯人です。↓ グロ注意(画像クリックで別窓オープン)

マダニ No6

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする