石上布留社(石上神社) 東寺とともに

阿刀氏と空海

京都市南区にある「石上布留社(いそのかみふるしゃ)」に行きました。通称「石上神社」で通ります。ここもガイドブックなどには載りませんが、由緒正しき神社なんですよ。

簡単に言うと、この地は「空海」の母方の実家であった「阿刀氏」の屋敷跡だそうです。阿刀氏は「物部氏(後の石上氏)」と同祖伝承を有しており、ここが「石上神社」と呼ばれるのも納得ですね。

その「阿刀氏」の中に「阿刀大足(あとのおおたり)」という人がいました。奈良時代から平安時代の学者で「空海」の母方の叔父です。「空海」の父は「佐伯善通」でその実弟である「大足」が阿刀氏に婿入りし、「空海」の母である「阿古屋」の妹と結婚して阿刀氏を継ぎました。なんかややこしいですね。

「弘法大師空海」といえば「真言宗開祖」なのですが、この若き「空海」は「阿刀大足」を頼って上京し、大足から「論語」はもとより、「孝経」、「史伝」、ひいては「中国語」まで習い、大足の援助をうけて入唐したそうです。現在の真言宗があるのは、「大足」がいたから、阿刀氏の力があったからと言っても過言ではないと思います。

「弘法大師空海」は弘仁14年(823年)正月、太政官符により第52代嵯峨天皇より「東寺」を賜り、「大足」が宰主となってこの地を真言宗の政所としました。その後、東寺の組織では「執行職(しぎょうしょく)」と呼ばれ、歴代の世襲職となり、近代の1871年に廃止されるまで続きました。

この長きにわたって「石上布留社」は阿刀氏の祭壇として祀られてきました。

では、行ってみましょう。

石上神社 No2

こういうの大好きです。東京や大阪の高速が交差しているのもいいのですが、こじんまりとしていて近くに行けたり、歩いて通れたりするのがベストです。ちなみに、地上の通りは八条通り、右手から伸びている高架が「大宮通り」、その下に通っているのが「JR東海道本線」、一番高いところにあるのが「JR東海道新幹線」です。そして、一番下の地上の「大宮通り」は人間も通れます。

石上神社 No3

一番下の「大宮通り」とその上の「JR東海道本線」。電車、通過中です。

石上神社 No3

さて、そんなんはどうでもいいので、本題です。最初の大宮八条の交差点を南に向かいます。高架橋の「大宮通り」が地上に降りる少し手前に西に向かい小さな路地があります。

石上神社 No4

ここのどん突きですよ。 正面に鳥居が見えますね。

石上神社 No5

これです。けっこう立派な鳥居でちょっとびっくりしてしまいます。

石上神社 No6

鳥居の元には「行者神愛(?)大菩薩」とよめますね。

石上神社 No7

反対側には石碑があります。すんません。細かく見てきませんでした。

石上神社 No8

そしてこれです。「石上神社」の石票です。「稲荷神社」と刻まれています。また「阿刀宿□」と刻まれています。「□」は多分「禰」という字の異字体だと思うのですが、間違ってたらごめんなさい。天武天皇13年(684年)の「八色の姓」制定にあたって「宿禰」を賜っているので合っていると思います。

石上神社 No9

本社は「覆屋」になってます。こちらはけっこうこじんまりとしたお社ですね。

石上神社 No10

ご祭神は「石上布留御魂(いそのかみふるのみたま)」が祭られており、相殿に「阿刀大神(あとおおかみ)」が祭られているそうです。

石上神社 No11

創祀や変遷は不明なのですが、823年から続いているとすると、1200年の歴史があるんですね。

石上神社 No12

周りには末社があります。

石上神社 No13

たくさんあるのですが、説明書きなどがないので、どんな神様が祀られているのかは不明です。境内の案内には「三輪、伊勢、賀茂、石清水、二天夜刃(やしゃじん)、行役小角(ぎょうじゃ、役小角:えんのおづぬ)、稲荷、弄鈴(なるこ)、王仁(わに)、空海大神」の十柱が祀られているとのことです。

石上神社 No14

東寺の境内からは外れていますが、当時の歴史そのものを見てきた「石上布留社」です。「東寺」を訪れた際には、ちょっと足を延ばしてみてください。

アクセス

  • 京都市バス「東寺東門前」下車、徒歩5分

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする