天天有 ちょっと甘めで濃厚なスープ

深夜2時半まで営業

私は自他とも認めるビンボーなので、あまり外食をしない派なんですけど、少し前にラーメンを食べに行きましたので報告。

どちらかと言うと、「冷蔵庫にあるもの」でなんか作って食べた方が、食べたいものが食べられるなぁ、というのが実感です。あんまり好き嫌いはないので、嫁はんの作った食事にもそんなに文句は言いませんし(味の濃い薄いぐらいは言う)、日ごろは家でゆっくりと食事をしてます。ほんでもって、家に自分一人なら、さっさとなんか作って(待ってるのが嫌なので)食べた方が、ストレスなくていいですもん。なので、あんまり手の込んだものはしませんが、食べたいと思ったものは邪魔くさくても作ってしまう方です。

ま、そんなことはどうでもよいですね。

で、麺類はちょっとこだわりがあって、麺は少し腰があってかみごたえのある方が好きです。インスタントラーメンは3分ではなくて2分40秒派ですし、おうどんは生麺よりも冷凍麺の腰のあるやつが大好きです。

そんな中でもラーメンは、まだ外食で食べる方ですね。やはり、スープは一から作ると とんでもなく時間がかかるし、やわらかいチャーシューを望むなら、前日から仕込が必要なので、家で作ると味噌ラーメンに「(ちょっと硬めで味が濃い)焼き豚」というパターンになってしまうんですよ。

今回は、大学時代によく行っていた「天天有」さんに、30数年ぶりに行きました。

天天有 No2

ああ、懐かしい。ここでしたよね。

天天有 No3

30年前はもっとボロかったような印象でしたが...(ごめんなさい)

天天有 No4

水曜日は定休日です。一乗寺店、平日はそんなに混んでいるわけではないです。昔から、深夜までやっていてくれて学生には助かりましたよ。

天天有 No5

「ラーメン」ではなくて「中華そば」なんですね。それと、昔はここ「一乗寺店(本店)」だけでしたけど、お店が増えてるんですよね。

天天有 No6

おいしそう。

天天有 No7

「中華そば」に味玉足してます。

天天有 No8

こっちは「チャーシューメン」に味玉足してます。

もう30年前の味は忘れてしまいましたが、この味の「雰囲気」は懐かしいです。実はちょっと甘めなんですよね。「激辛」とか、辛いスープが好きな人には合わないかもしれないですけど、とってもやさしい甘さが口の中に広がります。これはこれで病みつきになるような味なんですよ。また食べたいなと思わせる味です。まだ、食べたことのない方、一度体験してみてください。

アクセス

  • 京都市バス「高野」下車、徒歩10分

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする