麺屋 極鶏(ごっけい) 鶏鶏鶏鶏こけっこー

またまたラーメン激戦区の一乗寺へ

先日、一乗寺に用事があって行ってきたました。お昼をどうしようかということになって、せっかくだからラーメンを食べようと話がまとまりました。

一乗寺にはラーメン屋さんがいっぱいあって、京都のラーメン激戦区となっています。今度はどこのラーメン屋さんにするかで喧々諤々。

結局は「麺屋 極鶏(ごっけい)」さんにお邪魔しました。

「麺屋 極鶏」さんは、最近話題になっているようで、先日もTVにも出たとか。興味津々で行きましたよ。

開店は11時30分ということで、だいたいちょうどの時間につきました。最初に並んでいる一団の人たちが店内に入ったところにちょうど到着したのですが、そこで店内満員。少し待つことになりました。

私たちの後ろにもすぐに人が並び始めます。並んでいるときからメニューを見てオーダーができるので、お店に入ってあまり待たずに食べることができるようです。待つこと10分ぐらいでしょうか、何組かのお客さんが出てこられたので入店となりました。

極鶏 No2

入口はお客さんが並んでいるので、上の方だけ写真を撮りました。

極鶏 No3

立派な看板です。鶏のマークがいいですね。

お店の中の床はさすがに脂が飛んでいるようですね。きれいに掃除されているのですが、雨の日に濡れた靴で入店すると少し滑りますので要注意。

極鶏 No4

並んでいるときにオーダーはしているので、お冷を用意して待つだけです。テーブル席に座れたのでゆっくり足を延ばせます。

極鶏 No5

月曜日が定休日です。中休みなく通しの時間で営業されています。お昼時や夕飯時は混雑するようなので、余裕のある方は少し時間帯をずらすとあまり待たなくていいようですよ。

極鶏 No6

メニューです。

極鶏 No7

ラーメンは4種類。私は初めてなので、おすすめの「極鶏 鶏だく」を注文しました。当然チャーシュー大盛りで。

極鶏 No8

Webを見ていると、玉子かけご飯がおいしいとのことで、次回はセットでいただきたいと思います。

5分も待たずにラーメンが出てきました。

極鶏 No9

「極鶏 鶏だく」です。これは普通サイズです。メンマがぶっといですね。

極鶏 No10

「極鶏 鶏だく」のチャーシュー増しです。\200プラスで至福の世界ですよ。ラーメン自体は並みです。

極鶏 No11

うお~~~~~っ! と叫びたくなる「極鶏 赤だく」の大盛りです。トンガラシ、どひゃーとなりますが、見た目が強烈なだけで、そんなに辛くないんですよ。ビジュアルに惑わされると引きますが、程よいピリピリ感なので汗をかきたいときにはもってこいです。食べた後の爽快感がたまりません。

極鶏 No13

ここのメニューの基本となる「極鶏 鶏だく」のチャーシュー増しです。上の画像ではもうすでにチャーシュー食ってます。へへっ。

「ドロドロ新食感」とメニューに書かれていましたが、けっこうなとろみ感です。スープはつけ麺とラーメンの真ん中あたりの掛け方がされていて、好みの量を麺に絡めて食べていきます。スープのお味の方は、その名前の通り鶏たっぷり入ってますよ!と主張するような鶏鶏感です。麺を絡めて食べるので、味は少し濃いめです。天一ほどの脂の「こってりさ」はありませんが、それでも上の画像のように結構なこってりさです。こってりさで腹持ちはしますが、鶏がメインなので胸焼けするようなしんどさは残りません。チャーシューはこのスープにぴったりの分厚さです。柔らかくてお箸で簡単に切れるので、たっぷりとスープに絡めて食べると絶妙です。

少し濃いめの味なので、ご飯が欲しくなりますね。女性は並みで十分でしょうし、普通体型の男性でも並みでけっこうお腹が満足です。

極鶏 No12

「感謝心」これ、大事ですね。営業の心です。私ももう一度、心に感謝を詰め込んで頑張りましょう。

お店の方々の笑顔が素敵な麺屋 極鶏さんでした。

アクセス

  • 京都市バス「一乗寺清水町」下車、徒歩10分
  • 叡山電鉄「一乗寺」下車、徒歩10分

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする